• > 
  • 「自分たちでやる」事業開発

「自分たちでやる」事業開発

当社は、「自分たちでやる」事業開発を支援します。「自分たちで100点のビジネスプランを作る」「事業開発チームが自ら学習し、実行する」ことをゴールとして、チームを強化、育成するプログラムにつなげています。この発想は、「外から来たコンサルが作った”紙の束”を信用する」といった過去のパラダイムとは根底から異なります 。当社は「組織学習」を支援しているのであり、コンサルではありません。

ビジネスプランの策定を例に、見てみましょう。当社は各種の分析を通じて得られる、考えうる戦略のパターン、事業のアイデアを複数、全て提示します。事業チームは全て提示された情報から机上演習を学んだ後に、自らの足でフィールド調査を行い、より精緻な事業案になるまでアイデアを練り上げてゆきます。提出されたヒントをもとに、チーム全員が自ら頭で考えるのです。

次に、当社は策定された実行計画のドラフトに対して、①監査 ②助言 ③技術メモの形でフィードバックを返します。技術メモとは、例えば、価格の決定方法に関するものです。価格は事前のビジネスプランで決め込めるとは限りませんが、予想される幾つかの価格決定法に関する技術をメモとしてお渡しすれば、あとはチーム自身で策定することが出来ます。このように、のちの実行時に継続される作業も含めて「 100点」になるまで支援を行い、事業開発チーム自らの思考/志向において納得できるビジネスプランの完成を達成します。