新事業から事業再建まで

日本企業は過剰に新規事業を好む傾向があり、別の組織とする理由に乏しいにも関わらず、無理に部署を分けているケースが見られます。しかし、現代の事業開発において、新規事業/M&A/提携/組織力強化の境界はあいまいになっています。安易にイメージされるように、成長の機会が新規事業にあるとは限りません。例えば、現業のマ ーケティングを戦略的に強化すれば、手掛けるソリューションの幅が広がることによって、結果的に新規事業と同様の効果を生むことがあります。

多くの経営者が迷うのは、どのように成長戦略のテーマを設定したら良いかです。過去に何度も新規事業のアイデアを検討しながらも前に進めず、議論が飽和している。あるいは、産業の成熟化が進みきっており、新規事業のテ ーマに枯渇している産業もあります。このような手詰まりに陥っている場合、発想を変えてみることが重要です 。 M&Aを駆使することで成長する、提携を進めて増収につなげる、従来扱ってこなかった商品のクロスセルを推進するなど、従来とは異なる視点で事業成長を実現できる可能性があります。

当社は事業の創造から再構築まで、特定の先入観に囚われることなく、企業の状況/市場の環境に応じた最適な戦略の選択を提案してきました。また、いかなる事案においても受託責任があると考えており、事前に失敗が見込まれる事業の検討は請け負いません。責任をもってテーマの設定を協議し、成果につなげています。