業界 No.1 の費用対効果

当社は他のコンサルティングファーム/総研との比較において、価格50%という圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。その秘訣は、過去からコンサル業界で続く俗人的な「じあたま」から脱却し、「アルゴリズムを使って問題を解く」という独自の標準化された基盤を確立している点にあります。

当社における知的業務の標準化は、次のように実現されています。まず、ネット空間からインタビューに至るまで膨大な情報を収集したのち、技術データベース/市場データベースの二つを参照しながら情報を解析します。技術データベースは経営学において開発された数千から万に達するフレームワークを 15年間、収載した巨大な知財です。市場データベースは、客先で過去に作成された”一般市場に関する情報”を収載しています。当社は廃棄証明書を作成し、顧客独自の情報は廃棄する一方、膨大な数の市場研究を備蓄してきました。

この仕組みは、試験会場に巨大なカンニング装置を持ち込むのと同じ効果を持ちます。すなわち、技術データベースは”参考書”として、市場DBは”過去問”として機能するのです。結果、個人の主観に等しい「じあたま」しか持たないコンサルを遥かに凌駕する水準において、正確かつ迅速に問題を解くことができます。「じあたま」は特定のコンサルがもつ主観に過ぎません。俗人的な主観に事業の成果が依存するのは危険であり、排除に値する重大な事業リスクであると当社は考えます。