成果を出せる理由

「自分たちでやる」事業開発には、市場戦略と組織戦略の双方において合理的な理由があります。

自分たちでやるべき第一の理由は、市場の変化が”静的”から”動的”へと変わったからです。過去、線形の市場予測が当たる時代がありました。それは市場規模が線形に成長するとともに、産業エコシステムが単純な構造だったからです。しかし現代は多くの関係企業が同時に動く”複雑系”の市場へと変化しており、市場予測は当たりません。この動的な市場環境に対応できるのは、複数ある市場シナリオを自ら学習し、シナリオをさらに更新しながら動ける事業開発チームです。一方、コンサルは昔のように確たる市場予測を作れないため、かつての”紙の束” が機能しなくなっています。

「自分たちでやる」べき第二の理由は、日本型経営の存在です。日本企業の業績は、現場のチームが自ら動き、成果を生む活動によって支えられています。逆にコンサルが機能するのは経営者が強く、解雇が可能であり、トップダウンが効く状況ですが、多くの日本企業ではこの条件が成り立ちません。従って、「自分たちでやる」のが最良の解であり、そのためには効果的な組織学習を推進すべきです。

日本経済の環境下では、事業チームによる組織学習が成果を創出します。当社は不都合な課題を先送りするファシリテーション、一時的な効果しかない実行支援に逃げることなく、確実に成果が得られる組織学習を支援し続けています。